カラー治療って?

2017年6月19日

~色で体が癒される~

人間の体は60兆個の細胞から構成されており、これらの細胞が正しく働いていれば健康に生活ができます。
しかし、怪我や病気などで体に異常が起きた場合、その大元である細胞自体も異常をきたしています。
もともと細胞は一定の波長(電磁波)を持っているわけですが、この細胞が異常(病的)波長となったときに色彩の波長(電磁波)を活用して異常となった波長を正常な細胞の波長へと変換することにより治療を行うものです。
ところで、色も何百億色とあり、色は波長であり電磁波です。
細胞の働き=電磁波(波長)であり 色彩=電磁波(波長)なのです。

  • きょうえい接骨院グループ_交通事故治療専門サイト
  • 愛知県知多市_市原接骨院
  • 後遺障害認定申請センター
  • 国際色彩診断治療研究会